東京五輪で天才肌MFは“完全復活”へ 大会No.1の才能と言ってもいいレフティー

レアルでも定位置掴みたいアセンシオ photo/Getty Images

日本にとっては強烈なライバルに

東京五輪の男子サッカーで金メダルを狙う日本代表にとって最大のライバルとなり得るのが、豪華メンバーを集めてきたスペイン代表だ。

五輪を戦うU-24スペイン代表にはGKウナイ・シモンやDFエリック・ガルシアなどEURO2020を戦った選手も入っており、タレント力だけで見ればNo.1と言ってもいい。

さらにもう1人忘れてはならないのが、オーバーエイジ枠でやってくるレアル・マドリード所属FWマルコ・アセンシオだ。

本来ならばアセンシオもEURO2020を戦うA代表メンバーに選ばれるべき才能なのだが、2019-20シーズンを怪我で棒に振ってしまうなど苦戦気味だ。

2020-21シーズンもリーグ戦では5得点を挙げたが、ポジションを確保出来ていたわけではない。今季から指揮するカルロ・アンチェロッティへ改めてアピールする必要があり、五輪で最高のパフォーマンスを見せようと燃えていることだろう。

スペイン『EFE』によると、アセンシオは怪我の痛みを乗り越え、100%の準備が出来ていると語っている。

「怪我をした時、以前の状態に戻るのではなく、進歩することだけを考えていたんだ。より多くの部分で僕は成長した。特にメンタルの部分がね。多くの痛みや困難もあったけど、それは怪我の後にくる乗り越えなければならないものだ。今はリカバリー出来ている。準備が出来ているし、今はパフォーマンスに100%集中しているよ」

状態が良い時のアセンシオはピッチに魔法をかけられる。2017-18シーズンにはキャリアハイとなるシーズン11得点を記録しているが、本来ならば毎シーズン二桁得点は決められる選手だ。

東京五輪では若い選手たちを引っ張る役割も期待されるが、ここで完全復活をアピール出来るのか。アセンシオにとっては来年のワールドカップ・カタール大会、そしてレアルでの新シーズンへ向けて重要な舞台となるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ