PSG所属のままでバロンドール受賞は不可能? ムバッペに迫る決断のとき

PSG所属のまま、ムバッペがバロンドールを受賞することは不可能なのか photo/Getty Images

受賞には4大リーグでの勝負が必要か

今や世界屈指のストライカーとしてサッカーファンに認知されるようになったフランス代表FWキリアン・ムバッペ。しかし、彼がバロンドールを獲得するためにはさらなるビッグクラブへのステップアップが必要なのだろうか。

彼個人の能力に疑いの余地はないだろう。今季もリーグ・アンでは27ゴールを挙げており、同リーグの得点王に輝いている。切り味鋭いドリブルや得点感覚は世界最高峰と言っていい。

しかし、リーグ・アンというコンペティションでプレイしているからこそ、彼の真の実力が見えにくいという難点がある。同リーグもレベルは高いのだが、プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラなどと比べると一段落ちる印象は否めない。どうしても4大リーグへとステップアップを目指す選手が集うリーグというイメージは拭い切れず、そのなかでどれほど素晴らしい成績を残しても評価されづらいという面はあるだろう。

リーグ・アンでプレイしていることによって、その実力がなかなか評価されていないムバッペ。やはり、今後彼がバロンドールを勝ち取るためには、世界トップリーグに活躍の場を移していく必要があるか。実際、直近4大リーグ外のクラブ所属選手でバロンドールを受賞したのは、1991年のジャン・ピエール・パパン(当時マルセイユ所属)まで遡らなければならない。

「今、ムバッペには2つの選択肢がある。パリにとどまるか、レアル・マドリードへ移籍するかだ。どちらもCLで優勝できる実力を持ったチームだが、彼が何を成し遂げたいかで取りうる選択肢は変わってくると思うよ。最大の賛辞を求めているのなら、どこかでPSGを離れなければならないと私は思うね」

「パリに残るのもいいが、その選択をした後に人々はこう言うだろう。『君はPSGのために素晴らしいことをした。でも、その栄誉はフランスでのものでしかない。最高のリーグはイングランドとスペインにある。君はそこで最高の選手と対峙することはなかった』とね。リーグ・アンも簡単なリーグではないが、やはり最もレベルが高いのはイングランドだと思う。クリスティアーノ・ロナウドやメッシと同じ領域に達するには、最高の選手としのぎを削らなければいけない。よりグローバルな選手にならないといけないんだ」(英『The Athletic』より)

元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏も、ムバッペがバロンドールを勝ち取るためには国外挑戦が必要だとこのように語る。やはり、22歳のストライカーが真の意味でC・ロナウドやメッシに匹敵する評価を受けるには、フランスから飛び出していく覚悟が必要か。

キャリアの決定権は本人にあるものの、できることならリーグ・アン以外で彼のプレイを見てみたいと思っている人は多いはず。はたして、ムバッペが今後PSGから4大リーグクラブへと活躍の場を移すことはあるのだろうか。バロンドールの夢を掴むため、彼には決断が必要かもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ