EUROベスト8に導くチェコの守護神 セビージャ退団で無所属も来季はすでに安泰?

好セーブを連発したヴァツリーク photo/Getty Images

ヴァツリークの来季はどうなるか

現在行われているUEFA EURO2020でベスト8まで勝ち進んでいるチェコ代表。チームを支えるGKトマシュ・ヴァツリークは、今季所属していたセビージャを退団して迎えた大会だったが、大きな活躍を見せている。

チェコは今大会で大きなサプライズを見せた。グループステージではクロアチア代表と並んで3位で勝ち進んだものの、決勝トーナメント1回戦ではオランダ代表を撃破。前評判は高くなかったチームがベスト8まで駒を進めている。

そのチームにおいて守備の中心となっているのがGKヴァツリークだ。彼はグループステージのスコットランド戦やクロアチア戦で好セーブを連発。間一髪のシーンも最後の砦として立ちはだかり、チェコの危機を救った。

そんなヴァツリークは、現在セビージャを退団して無所属となっている。就活も兼ねて挑んだEUROだが、高パフォーマンスを発揮。スペインメディア『SPORT』では、その守護神に対してナポリが獲得を狙うなど、すでに接触を図るクラブも現れている。

昨季はセビージャで主力として活躍した実力者であるヴァツリーク。大舞台での活躍を機に新天地への移籍は叶うのだろうか。チェコと守護神の躍進に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ