バルサで将来を期待された24歳がプレミア挑戦か スペイン人DFをリーズが獲得とも

バルサから放出となってしまうのか photo/Getty Images

ベティスから加入したフィルポ

今季はロナルド・クーマン監督の下、新システムで生まれ変わったバルセロナ。世代交代が進む中で、ジョルディ・アルバはチームに大きく貢献し、リーガ・エスパニョーラで35試合3ゴールを記録した。

そんな32歳の牙城を崩せなかったバルサの若きSBが来季、プレミアリーグへ挑戦するかもしれない。昨季レアル・ベティスから加入したジュニオル・フィルポだ。バルサで定位置をつかめないスペイン人DFに移籍の噂が上がっている。

候補として挙げられるのがリーズ・ユナイテッドだ。今季プレミアリーグ昇格初年度で9位と健闘した彼らは、来季欧州大会への参加を目指し、さらなる補強を進める様子。その1人としてフィルポを獲得するかもしれない。

リーズは今季左WBを務めたエズジャン・アリオスキが契約を更新しておらず、フリーでの移籍が可能となっている。英紙『Mirror』ではリーズがフィルポに関心を示していると報じており、彼の後釜としてフィルポを迎え入れることもあり得るだろう。パワーやスピードに加え、高い攻撃能力を持つフィルポはスタイルに順応できれば、チームの大きな武器になるはずだ。

すでにセルヒオ・アグエロなど4名が加入しており、今オフは大幅な入れ替えが予想されるバルセロナ。フィルポはJ・アルバの後継者として期待された逸材だが、いまだにスタメンを勝ち取れていない。出場機会に恵まれない若手は放出となってしまうのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ