もうトッティ、デル・ピエロらのチームに並んだ EURO2000以来のイタリア攻撃陣大爆発

延長戦の末オーストリアを撃破したイタリア photo/Getty Images

ネームバリューは地味かもしれないが……

ベスト16のオーストリア戦は延長戦までもつれ込む苦しい戦いとなったが、やはり今大会のイタリア代表は特別だ。

過去のイタリアといえばカテナチオが代名詞になっていたが、今のチームは攻撃力も高い。FWチーロ・インモービレだけでなく、オーストリア戦でも得点を挙げたMFマッテオ・ペッシーナなど中盤にも得点を奪える選手が揃っている。得点者がバラエティに富んでいるのは1つの強みと言えよう。

ここまでグループステージから4試合を戦い、奪った得点は9点。EUROで9得点を奪うのは、決勝に進んだEURO2000以来のことだ。当時の数字に早くも並んだことになり、今大会のイタリアには期待が持てる。

当時はフランチェスコ・トッティ、フィリッポ・インザーギ、アントニオ・コンテ、アレッサンドロ・デル・ピエロらがネットを揺らし、最終ラインにもパオロ・マルディーニ、ファビオ・カンナバーロ、アレッサンドロ・ネスタらビッグネームが揃っていた。

その頃に比べると今のイタリアはネームバリュー的に地味かもしれないが、それでも組織力は抜群だ。完成度では今のチームが当時を上回っていると言ってもいい。

当時は決勝でフランス代表に1-2で敗れ、あと一歩のところでトロフィーを逃した。あの頃に匹敵する攻撃力を持つ現在のチームは頂点まで届くのか。準々決勝からはさらに厳しい戦いとなるはずだが、イタリアの攻撃力がどこまで火を吹くか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ