イタリアの本当の実力が分かる? ベルギーに挑むアッズーリの挑戦

アッズーリはどこまで勝ち進むことが出来るのか photo/Getty Images

いわゆる強豪との対戦だ

EURO2020も開幕から時間が経ち、決勝トーナメントまで進んでいる。早いところではベスト8の対戦カードが決まっており、その一つがイタリア対ベルギーだ。イタリアはここまで素晴らしい出来で勝ち上がってきており、ポルトガルが姿を消した今では優勝の大本命と言われている。

しかし、ここまでの対戦相手を見てみると、初戦からトルコ、スイス、ウェールズ、オーストリアとなっている。もちろん、ウェールズやオーストリアはベスト16まで進んでいるチームであり、イタリアも苦戦を強いられた。それでも、次の対戦相手であるベルギーやフランス、ドイツのような強豪国ではなく、前述した4カ国はランクとして一つ下がる。ゲーム内容もイタリアが主導権を握る時間が多く、守る相手に対し、どこまで崩しきれるかがカギとなっていた。

それでも、今のイタリアであれば試合を通してボールを保持し、相手を押し込む戦いができる。相手の主力であるケビン・デ・ブライネとエデン・アザールは、負傷の影響からピッチに立てない可能性も高い。そうであれば、ベルギーはポルトガル戦のように自陣でブロックを作り、カウンターに徹するだろうからだ。

また、イタリアの選手層の厚さも今大会で光っていると言える。前述したようにベルギーは主力が怪我をすると戦力ダウンしてしまうが、ここまでのイタリアの戦いを見ていると、交代選手が流れを変える場合が多く、試合中に戦力アップを行えている。オーストリア戦ではフェデリコ・キエーザとマッテオ・ペッシーナの交代選手が仕事をしており、これをできるチームは強い。

ベルギーは強豪国ではあるが、これまで通りのサッカーを展開すれば準決勝進出の可能性は高いだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ