元祖怪物FWを上回る圧巻の得点ペース 赤い悪魔が生んだルカクの脅威

EUROでも得点を決めるルカク photo/Getty Images

EURO2020でも快調にネットを揺らす

EURO2020でもさっそく3得点を挙げるなど、ベルギー黄金世代を引っ張る点取り屋ロメル・ルカクが止まらない。

ルカクの凄いところは、代表のメジャートーナメントで継続的に得点を奪っていることだ。

2014年のワールドカップ・ブラジル大会で1点、EURO2016で2点、2018年のワールドカップ・ロシア大会で4点、そして今回のEURO2020で3点と、エースとして十分な成績と言えよう。

EURO2016とワールドカップ・ロシア大会では決勝トーナメントで得点を奪えていないところが気にかかるが、それでも代表通算96試合で63得点は文句のつけようがない数字だ。

似たペースで得点を重ねてきた選手を挙げると、元ブラジル代表の元祖怪物FWロナウドだ。

ロナウドは代表通算98試合に出場して62得点という成績を残しており、単純に得点数を比較すればルカクが上回ったことになる。

ロナウドの場合はコパ・アメリカ2回、2002年のワールドカップ・日韓大会を制すると同時に得点王を獲得するなど、タイトルではルカクを大きく上回っているが、ルカクの得点ペースが見事なのは事実だ。

果たして今回は決勝トーナメントでも得点を奪えるのか。ベルギーが優勝するには、ロナウドに負けぬペースで得点を量産するルカクの大活躍が必須条件だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ