来季プレミアの台風の目となるか 伝統的なスタイル脱却で第2の“ポルトガル軍団”に?

ウルブズを躍進させたサント監督 photo/Getty Images

サント監督がウルブズを退任する

近年大きく飛躍したウォルバーハンプトン。ヌーノ・エスピリト・サント監督の下、プリメイラリーガからポルトガル人選手を多数獲得し、2018-19シーズンに昇格初年度で7位と躍進した。今季は13位に終わり、サント監督はウルブズからの退任を発表した。

そんなサント監督の動向に注目が集まる。プレミアリーグにポルトガル革命を起こした指揮官が率いる次なるクラブはどこになるのか。可能性としてもっとも高いのが、クリスタル・パレスだ。

ロイ・ホジソン監督4シーズン目を迎えたクリスタルパレス。イングランドの伝統的なスタイルを武器に粘り強く勝ち点を積み重ね、今季も14位とプレミア残留を果たした。今季限りでホジソン監督の退任を発表しており、後任探しを行っていた。

そんなクリスタル・パレスにサント監督就任となれば、クラシカルなスタイルのチームにポルトガル人選手による大きな革命が起こされるかもしれない。今季は失点が66とリーグで3番目に多かった。サント監督就任で強固な守備とスピーディーな攻撃を展開するスタイルへと変貌し、新たなクリスタルパレスが見られることだろう。ウルブズはサント監督の後釜としてベンフィカを率いたブルーノ・ラージ監督の就任が決定的。来季はプレミアリーグでポルトガル人選手を軸とした対決も見られるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ