スタメン起用で“3ゴール5アシスト” 高い技術と戦術理解度を見せる浦和レッズのMFとは

田中は得点に直結するプレイが多い(写真はイメージ) photo/Getty Images

結果を残す浦和の田中達也

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ第1戦で浦和レッズはヴィッセル神戸と対戦。1点を先制される苦しい展開となったが、2ゴールを奪って2-1と逆転勝利を果たし、第2戦へとつなげた。この試合にスタメン出場した田中達也は、細かな技術で1アシストを記録し、ゴールを演出した。

浦和は1点ビハインドで迎えた前半ロスタイム、関根貴大が大きなサイドチェンジで右サイドの田中に展開する。田中はそのボールをワンタッチで折り返すと、最後は伊藤敦樹がゴールを決めて同点に追いついた。

このシーンで田中は、サイドチェンジに反応して右サイドを駆け上がる。関根からのボールに対してダイレクトで中に入れ、ボールは待っていた伊藤に一直線へと向かっていった。ランニングをしながら逆サイドから来たボールに対し、ワンタッチで正確なパスを供給した田中が、この得点を創出した。

彼はJリーグでもこぼれ球に詰めたりヘディングでゴールネットを揺らすなど、ワンタッチで結果を残すことができるサイドアタッカーだ。ルヴァンカップ予選第3節の横浜FC戦では、逆サイドからのクロスが流れたボールをワンタッチで中に送り杉本健勇のゴールをアシスト。今試合でも正確なクロスからのアシストでチームに貢献した。

また田中はスタメン出場した公式戦8試合で3ゴール5アシストを記録しており、チームの中でも得点に関与するシーンが非常に目立つ。戦術理解度の高さを発揮してリカルド・ロドリゲス監督のスタイルで、必要不可欠なMFへと地位を高めている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ