U-20W杯“4ゴール”の衝撃から4年 ダカに続くザンビアのFWが成長中

オーステンデで活躍するサカラ photo/Getty Images

今季はベルギーできっちり結果を残した

ザンビア出身のストライカーといえば、現在はオーストリアのザルツブルクで得点を量産する22歳のパトソン・ダカが有名だ。欧州5大リーグで通用する実力の持ち主と評価されており、そろそろステップアップしたい頃合いだ。

しかし、ザンビアで注目したいアタッカーはダカだけではない。その2つ年上のFWファッション・サカラ(24)も興味深い存在として注目を集め始めている。

サカラはベルギーのオーステンデでプレイしてきた選手で、今季は国内リーグで13得点の成績を残した。2017年には代表デビューも果たしており、ダカとともに今後の代表でのパフォーマンスが気になる選手でもある。

何より、サカラは2017年に行われたU-20アフリカネーションズカップ優勝、同年のU-20ワールドカップ・ベスト8の成績を残したザンビアの中心メンバーだった。U-20ワールドカップでは4得点を挙げ、ポルトガルやドイツといった強豪国も撃破した。

あれから4年。サカラはオーステンデで結果を残し、今夏にはスコットランドの古豪レンジャーズとプレ契約を結んだことが発表された。5大リーグ挑戦とはならなかったが、スティーブン・ジェラードの下で圧倒的な強さでリーグを制したレンジャーズへの挑戦は興味深い。さらなる大ブレイクを果たす可能性も考えられる。

当時のU-20ワールドカップで結果を残したイタリア人FWリッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)、日本代表MF堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)、アメリカ代表FWジョシュ・サージェント(ブレーメン)らは欧州5大リーグで活躍している。サカラもそれに続けるのか。ダカとともに5大リーグ挑戦の期待がかかる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ