81得点12失点の“無敗軍団”をプレミアで見てみたい 浮上する参戦案にメリットあり

今季のスコットランドを支配したレンジャーズ photo/Getty Images

さらにプレミアの競争力は増す

欧州スーパーリーグが世界的な議論を巻き起こす一方で、イングランド・プレミアリーグの方でもリーグ再編の案が出ているという。

取り上げたのは英『The Sun』で、プレミアリーグにスコットランドの強豪セルティックとレンジャーズを加える案があるというのだ。

セルティックとレンジャーズは長くスコットランドを引っ張ってきた強豪で、国内では圧倒的な実力を誇っている。元日本代表MF中村俊輔もセルティックに在籍していたが、当時からセルティックは十分にイングランド・プレミアリーグでも戦っていける集団だった。

今季は古豪レンジャーズもスティーブン・ジェラードの手によって復活を果たし、ここまで29勝6分と圧倒的な成績でリーグ制覇を達成。81得点12失点と攻守の内容も見事で、他クラブでは歯が立たない。

ヨーロッパリーグの方でもベスト16まで進んでおり、よりレベルの高いプレミアリーグ参戦は面白い試みとなるはずだ。

今季もプレミアリーグはビッグ6が躓くなど荒れており、そこにセルティックとレンジャーズまで加われば毎週末の楽しみが増えるのは間違いない。トップ10の入れ替わりも激しくなるはずで、より競争力が高まるだろう。

メリットもあるように思えるが、セルティックとレンジャーズの参戦案が実現することはあるのか。特に今季のレンジャーズならプレミアのトップ6入りを狙うことも不可能ではないはずで、リーグ全体の人気も増すだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ