もはやシュートは堂安律頼み? “191本”しか打てない苦しい攻撃事情

堂安も攻撃には苦戦? photo/Getty Images

シュートチャンスを作れない

今季のブンデスリーガで悪い方向の注目を集めているクラブといえば、最下位のシャルケだ。

かつてはチャンピオンズリーグ決勝トーナメントで上位へ食い込んだこともあるだけに、最下位は衝撃だ。余計に注目を集めることになってしまい、成功の記憶があるだけに現状への失望は大きい。

抱えている問題の1つは攻撃陣にあり、シャルケは現時点で16得点しか奪えていない。これはリーグ最少の数字だ。

5日には裏天王山と言われる17位マインツと最下位シャルケの戦いが行われたが、シャルケはたった2本しかシュートを打てなかった。結果はスコアレスドローだったが、マインツは19本もシュートを打っている。勝利へチャレンジできていたのはマインツの方だ。

やはりシュートを打たなければゴールは奪えないが、実はシャルケよりシュートに苦労しているクラブがある。

堂安律が所属している16位アルミニア・ビーレフェルトだ。シャルケが238本打っているのに対し、アルミニア・ビーレフェルトは191本しかシュートを打てていない。未だに200本に届いていないのはブンデスリーガでアルミニア・ビーレフェルトだけだ。

チーム内で最もシュートを打っているのは堂安で、約20%にあたる40本のシュートを打っている。それもペナルティエリア外から打ったシュートが23本を占めており、堂安もペナルティエリアでのシュートチャンスは限られている。

堂安にとってもかなり苦しいシーズンとなっているが、アルミニア・ビーレフェルトは生き残れるのか。まずはシュートを打っていきたいところで、残留するにはシュートを増やして得点を挙げていくしかない(数字は『WhoScored.com』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ