[注目試合]崖っぷちアーセナルに負けは許されない カギは中盤の攻防と“サカの使い方”

トーマスは出られない。セバージョスはリーズの密着マークにどう対処するか photo/Getty Images

中盤の密着マークはアーセナルにとって厄介

リーグ戦7戦負けなしと上昇気流に乗ったかと思ったのも束の間、そこからの2連敗でふたたび泥沼にはまりつつあるアーセナル。23試合を消化して、勝点「31」の11位と屈辱的な順位に沈んでおり、2月中にはマンチェスター・シティ、レスターと上位陣との対決が続くだけに、今節のリーズ戦は落とすことが許されないホームゲームとなる。

だが、リーズのマルセロ・ビエルサ監督が操る特徴的なオールコート・マンツーマン戦術は、アーセナルにとって厄介だ。特に、中盤でボールの出どころとなるグラニト・ジャカにとって厄介である。中長距離のパスを操るジャカはアーセナルの攻撃における重要なピースだが、張り付かれるとそのボールが精度を失う傾向にある。無理にかわそうとしてタッチが多くなり、ボールを奪われるケースも散見される。

本来はキープ力に長けるトーマス・パルティに預けるのも手だが、アーセナル公式によればハムストリングの故障で欠場の見込み。代役はダニ・セバージョスになるだろう。セバージョスも足元のテクニックに優れ、密着マークをはがせる選手だが、ここ数試合は出場できていないのが懸念材料か。アーセナルは中盤でリーズの激しいマークをいなせるかどうか、リーズにとっては中盤でいかにボールを奪って速攻に繋げるかが、ひとつのポイントになるはずだ。

12得点5アシストと爆発中のリーズFWパトリック・バンフォードが、持ち味の巧みな動き出しで奪ったボールを引き出し、ディフェンスラインの裏を突ければ一気にリーズのチャンスが訪れる。だが、1対1をかわされると大きくバランスを崩してしまうのはマンツーマン戦術の弱点でもある。ブカヨ・サカやニコラ・ぺぺなど、スピードと突破力に長けたアーセナルの選手たちに不用意なスペースを与えてしまえば、リーズは複数失点もありうるだろう。

左SBにサカを置いた攻撃的布陣は脅威となりうる photo/Getty Images

サカのサイドバック起用はどうか

アーセナルは、左SBのキーラン・ティアニーも引き続き欠場。ここ数試合はセドリック・ソアレスが代役を務めていたが、前節アストン・ヴィラ戦では敗戦につながる決定的なミスを犯してしまった。

そこで面白いと思えるのが、サカのSB起用だ。前節も後半途中のマルティン・ウーデゴー投入に伴い、SBの位置でプレイしたサカ。サカ、ぺぺが縦に並ぶこの攻撃的布陣は、74分のウィリアン投入までしか見られなかったものの、左サイドを制圧し脅威となっていた。今節はキャプテンのピエール・エメリク・オバメヤンが出場すると見られるため、オバメヤンとの縦関係を築く可能性が高いか。

セドリックは右利きのため、クロスやサイドチェンジの場面でどうしてもスピード感を欠いていた。左利きのサカであれば高いクロス精度を生かすことができ、少なくとも攻撃面ではティアニー不在の穴を埋めることができる。また、その場合は右サイドにぺぺが回るだろう。前回対戦ではリーズの左SBエズジャン・アリオスキの挑発に乗って頭突きを見舞ってしまい、レッドカードを出されているが、この因縁のマッチアップも見ものだ。


アーセナル×リーズ・ユナイテッド(プレミアリーグ第24節)
2月14日(日)25:30 キックオフ

予想スターティングメンバー
アーセナル
基本布陣[4-2-3-1]

GK マシュー・ライアン
DF エクトル・ベジェリン
DF ロブ・ホールディング
DF ガブリエウ・マガリャンイス
DF ブカヨ・サカ
MF ダニ・セバージョス
MF グラニト・ジャカ
MF ニコラ・ぺぺ
MF エミール・スミス・ロウ
MF ピエール・エメリク・オバメヤン
FW アレクサンドル・ラカゼット

監督 ミケル・アルテタ


リーズ・ユナイテッド
基本布陣[4-1-4-1]

GK イラン・メスリエ
DF ルーク・エイリング
DF パスカル・ストライク
DF リアム・クーパー
DF エズジャン・アリオスキ
MF カルヴィン・フィリップス
MF ラフィーニャ
MF スチュアート・ダラス
MF マテウシュ・クリヒ
MF ジャック・ハリソン
FW パトリック・バンフォード

監督 マルセロ・ビエルサ

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ