名手が思い出すドンナルンマと過ごした2年間 「多くのことを学んだ」

ミランの正守護神を務めるドンナルンマ photo/Getty Images

ミランで輝く大型守護神

現在、世界最高のGKを選ぶとするのであれば誰になるか。リヴァプールのアリソン・ベッカー、アトレティコ・マドリードのヤン・オブラク、レアル・マドリードのティボー・クルトワ、バルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン……。優秀な候補は多い。

しかし、そんな名手が揃う争いに殴り込みをかけようとする若手守護神がいる。ACミランのジャンルイジ・ドンナルンマだ。2015-16シーズンに16歳の若さでセリエAデビューを飾った同選手は、若手と言いつつ経験も豊富。ここまでは早くもキャリアで公式戦223試合に出場している。身長196cmというサイズを誇りながらも、アジリティを含めた全て能力でハイレベルなものを備えているGKは、今や押しも押されもせぬミランの守護神だ。それだけに、そろそろ最強の座を決める争いに加えてもいい頃だろう。

そんなドンナルンマのデビュー当時をよく知る人物が、この21歳の才能を絶賛している。それは、彼の台頭によってミランにおける正守護神の地位を失った元スペイン代表GKディエゴ・ロペス氏だ。同氏はかつて自身からレギュラーポジションを奪った若き才能について、スペイン『AS』へ次のように語っている。

「ドンナルンマはこれまで私が見てきた中でも、最大のポテンシャルを秘めた選手だと思うよ。私は彼に信じられないほどの才能があるといつも言ってきた。彼は16歳の時点で、すでに最高の体格を備えていたんだ。最年少記録も次々と破ったね。彼は本当に素晴らしいGKだよ。彼のクオリティを考えれば、私が試合に出れなくなるのは仕方のないことだった。だから、私はエスパニョールへの移籍を決めたのさ。だが、ミランで過ごした2年間は素晴らしいものだった。ドンナルンマからは多くのことを学んだよ」

レアル時代にはあのイケル・カシージャスをも抑えて正守護神を勤めたD・ロペス氏に、ここまでの感情を抱かせたドンナルンマ。ここまで順調に育ってきている彼が、世界最高の座を手に入れる日もそう遠くないのか。巨大な才能を備えた21歳の巨人GKが、ワールドクラスへの階段を駆け上がる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ