“ポスト大迫”になれる24歳の熱きFW 必死にファイトする鈴木優磨の魅力

シント・トロイデンを引っ張る鈴木 photo/Getty Images

17位と苦しむチームを引っ張る

現在フランクフルトで活躍するFW鎌田大地、シュツットガルトのMF遠藤航、ボローニャのDF冨安健洋はいずれもベルギーのシント・トロイデンで結果を残してステップアップした選手たちだ。

ベルギーのジュピラー・プロ・リーグは日本人選手にとって貴重な腕試しの場となっているわけだが、今そのシント・トロイデンを引っ張っているのがFW鈴木優磨だ。昨夏鹿島アントラーズからベルギー挑戦を決断した24歳の鈴木も、鎌田らと同じく欧州5大リーグへのステップアップが期待されている。

とはいえ、今季は話題に上がる機会があまり多くない。26日に行われたスタンダール・リエージュ戦は鈴木の1得点1アシストの活躍で勝利したものの、現在のシント・トロイデンは17位とかなり苦しい状況にある。チームの1試合平均のシュート数もワースト4位の11.8本と少なく、センターフォワードの鈴木が目立つ機会が少ないのだ。その中で鈴木は今季リーグ戦で7得点を挙げており、チーム状況を考えるとまずまずの働きと言えるのではないか。

チームとして攻撃できる機会が少ないため、鈴木は1試合平均1.8本しかシュートを打てていない。例えば同じ7得点を記録しているKベールスホットACのFWタリク・ティッソウダリは1試合平均2.9本、8得点を挙げているクラブ・ブルージュFWクレピン・ディアッタも2.9本、9得点を挙げているヘントのFWロマン・ヤレムチュクは3.1本と、シュート数はいずれも鈴木よりも多くなっている。

また鈴木は得点部分だけではなく、前線で体を張る仕事もこなしている。182cmと日本人FWとしてはサイズがある方だが、ここまでリーグ戦で46回の空中戦勝利を記録。これはジュピラー・プロ・リーグでプレイするFWの中ではアントワープのディウメルチ・ムボカニ(102回)、シャルルロワのシャマル・ニコルソン(76回)、ヘンクのポール・オヌアチュ(56回)に次ぐ4番目の数字だ。ムボカニは185cm、ニコルソンは192cm、オヌアチュに至っては201cmと巨人だ。彼らに比べて鈴木は小柄だが、この頑張りは見事だ。

鈴木は同じくベルギーのKベールスホットACでプレイする鈴木武蔵とともに、日本サッカー界におけるFW大迫勇也の後継者候補でもある。大迫はブンデスリーガで大きく成長したが、2人の鈴木も欧州5大リーグにステップアップしてさらに経験を積みたい。シント・トロイデンの状況から考えると鈴木優磨はまずまずの成績を残していると言えるが、鎌田や冨安に続いてシント・トロイデンから出世できるか。(データは『WhoScored.com』より)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ