落ちたバルサ&レアル、20%のゲームがスコアレス リーガが盛り上がらない

岡崎所属のウエスカも引き分けが多い photo/Getty Images

以前ほどの魅力はないか

これまでスペインのリーガ・エスパニョーラは欧州5大リーグの中でも攻撃性が高く、見る者を魅了するリーグとして人気を誇ってきた。人気だけでなく実力もあり、長らく欧州の頂点を争ってきたバルセロナとレアル・マドリードの存在も大きかった。世界最高峰のフットボールを見たいならばバルサかレアルと考えていたサッカーファンは少なくないはず。

ところが、今のリーガ・エスパニョーラはどうだろうか。まず2強だったバルサとレアルの実力が明らかに落ちており、彼らが勝ち点を取りこぼすケースも珍しいものではなくなってきた。レアルはクリスティアーノ・ロナウドが退団してから得点力がガクリと落ち、エデン・アザールも負傷離脱が続くなど攻撃面のスター性は大きく損なわれてしまった。

一方のバルセロナも今夏に退団の噂があったリオネル・メッシのモチベーションが疑問視されており、今季はリーグ戦10試合をこなして4得点しか奪えていない。悪い数字ではないが、メッシからすれば平凡すぎる得点数だ。メッシの無双モードが見られない今のバルセロナにどれだけのサッカーファンが興奮するのか。このままではバルセロナの人気も下降してしまうだろう。

さらに気になるのはスコアレスドローの多さだ。今季のリーガはここまで全112試合を消化し、何とスコアレスドローが22試合もある。全体の20%を占めていることになり、これは欧州5大リーグでは最多の数字となっている。

久保の所属するビジャレアルもすでにスコアレスドローが3試合も photo/Getty Images

ブンデスやプレミアとは数字に違い

その中で日本のサッカーファンとして気になるのは、引き分けが多いクラブに日本人選手が所属しているということか。ここまで最も引き分けが多いのは0勝8分4敗と未だに白星がない岡崎慎司所属の最下位ウエスカで、10月にはアトレティコ・マドリード、エルチェと2試合続けてスコアレスドローがあった。昇格組なので仕方がないところもあるが、ウエスカのゲームに面白さを求めるのは難しいかもしれない。

さらに引き分けが2番目に多いのはMF久保建英の所属するビジャレアルで6分だ。6日のエルチェ戦もスコアレスドローだったが、10月のアトレティコ戦、カディス戦に続いて3度目のスコアレスドローだ。手堅いと言えば聞こえはいいが、リーグ戦3位に付けているチームが12試合で15得点しか奪えていないのも少々寂しいものがある。久保も未だリーグ戦ではノーゴールで、エンターテイメント性溢れるサッカーとは言い難い。

スコアレスドローのゲームにも内容が面白いものは多々あるが、ゴールシーンを見て盛り上がりたいと考えているサッカーファンにとって今のリーガはかなり物足りない。最もスコアレスドローが少ないのはドイツ・ブンデスリーガで、ここまでたった6試合。割合にすると7%となっており、とにかくゴールが多く決まる展開が見たい人はブンデスリーガを優先する方がいいか。

それに次いでスコアレスドローが少ないのがイングランド・プレミアリーグで10試合。割合にすると9%で、プレミアも点の奪い合いになるケースは多い。

2強の力が衰え、得点を量産するチームも少ない今のリーガは数年前に比べて明らかに魅力が落ちた。仮に今季限りでメッシがバルセロナを離れた場合、リーグを代表するスタープレイヤーがいなくなってしまう可能性も考えられる。メッシ離脱と同時にファン離れが起きる懸念があるのは課題と言えるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ