怪物はエトー、クレスポをも余裕で超えていく いざインテル伝説のFWへ

インテルでゴールを量産するルカク photo/Getty Images

圧巻の得点ペース

怪物ストライカーはついに目覚めた。

1日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でボルシアMGと対戦したインテルではFWロメル・ルカクが2ゴールと活躍。チームを3-2の勝利へ導いてみせた。

ルカクはエヴァートンやマンチェスター・ユナイテッドでプレイしていた頃はビッグゲームに弱いと指摘されることもあったが、インテルでは大一番で力を発揮する特別なストライカーとなっている。

インテルに加入してからの成績は63試合で45ゴール。1試合平均にすると0.71点と非常に高く、伊『Il Giorno』によればセリエA得点王も獲得したことがある元インテルの故イシュトヴァン・ニエルシュ氏(0.70ゴール)、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏(0.64ゴール)のペースをも上回っている。

ニエルシュ氏、ヴィエリ氏とは試合数にも違いはあるものの、ルカクがクラブ史に残るペースでネットを揺らしているのは間違いない。

他のクラブOBと比較すると、ジョゼ・モウリーニョの下で3冠にも貢献した元カメルーン代表のFWサミュエル・エトーはインテルで通算102試合に出場して53ゴールだったが、ルカクはあと8点でエトーの数字に並ぶことになる。この数字を見てもルカクの凄さが分かってくる。

他にも元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポはインテルで通算116試合に出場し、得点数はルカクより1点だけ多い46ゴールだ。2000年代のサッカー界を代表する点取り屋の1人でもあったクレスポをあっさり超えていくであろうルカクのペースは衝撃的だ。

ルカクはこのままインテルのレジェンドとなるのか。マンUでは思うような結果を残せなかったが、インテルでついにその才能が開花している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ