バルサは選択を間違えたのか 3年前に議論したデンベレorムバッペ

PSGのムバッペ photo/Getty Images

結果だけを見ると……

怪我続きでガラスのアタッカーとなってしまったバルセロナFWウスマン・デンベレと、世界最高の選手への階段を駆け上がるパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ。この3年間でフランスが誇る2人のアタッカーの評価は大きく変わった。

2017年夏にバルセロナはドルトムントからFWウスマン・デンベレを獲得したが、当時モナコでプレイしていたFWキリアン・ムバッペ獲得の案も浮上していたという。この年にバルセロナはネイマールをパリ・サンジェルマンに売却していたため、その代役候補としてデンベレとムバッペの名前が挙がったというわけだ。

最終的にバルセロナはデンベレを選んだわけだが、結果を見ればムバッペを選んだ方が良かったかもしれない。相次ぐ怪我に苦しんできたデンベレに対し、ムバッペはパリ・サンジェルマンで一気にブレイク。2018ロシアワールドカップでも主役となり、世界トップクラスのアタッカーとの評価を確立した。

バルセロナのデンベレ photo/Getty Images

スペイン『as』によると、以前バルセロナでディレクター職を務めていたハビエル・ボルダス氏は2017年ならムバッペを1億ユーロで獲るチャンスがあったと振り返る。

「デンベレ獲得に動いていた時、スカウト陣からムバッペを獲得できるとの報告があった。ムバッペの父とも話したが、彼はクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ベイルがいるからレアル・マドリードに息子は行かないだろうと言っていた。一方でバルセロナはネイマールを手放していたため、バルセロナ行きは検討するだろうとね。モナコは直接のライバルであるパリにムバッペを渡したくなかったため、バルセロナへの移籍の方を好んでいた。その取引は1億ユーロだったが、当時のバルセロナのロベルト・フェルナンデスSDはデンベレの方を好み、ホセ・セグラも彼を支持した。理由としては、ムバッペは個人プレイが目立つ一方で、デンベレはチームのためにプレイするとの評価だった」

3年前の時点では、ブンデスリーガで結果を出していたデンベレの方がビッグな才能に見えたのかもしれない。しかし結果的にはムバッペの方が評価を伸ばすことになり、来夏にはレアルへ向かうのではとの話も出ている。ムバッペがレアルに加われば、バルセロナにとっては大きすぎる後悔となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ