PSG、首脳陣の頭には現在も「監督交代」の文字が? 次期監督の最有力は

現在フリーとなっているアッレグリ氏 photo/Getty Images

今夏も就任の噂があったアッレグリ氏

パリ・サンジェルマン(PSG)は現在も、イタリア屈指の戦術家の招聘を検討しているようだ。

ここ10年間で7度のリーグ・アン制覇を成し遂げ、現在3連覇中と、今やフランスの絶対王者として君臨するPSG。ただ、国内での強さは不動のものとなっているが、欧州コンペティションではベスト16やベスト8の壁が大きく、なかなか結果を残せない時期が続いた。そのため、悲願の欧州制覇を達成すべくPSGは近年、移籍市場が開かれるたびに積極補強を行い、監督も2〜3年に一度のペースで交代してきた。

そして、PSGは今夏にも監督交代の話が大きな注目を集めた。ユヴェントスを2度もCL決勝の舞台へ導いたほか、セリエA8連覇を成し遂げてイタリアの絶対王者へと押し上げたマッシミリアーノ・アッレグリ氏の招聘がしきりに取り上げられていたのだ。アッレグリ氏も1年間の休養を経て、今夏の現場復帰に意欲を示していたため、PSGの新指揮官になる可能性が高いと見られていた。

しかし、昨季のCLで現指揮官のトーマス・トゥヘルがチームを初の決勝へ導いたり、新型コロナウイルスの影響で準備期間が少なかったりする影響もあってか、PSGは現体制の続投を決断した。今季こそビッグイヤーを掲げるために、トゥヘル体制のもとで飛躍を目指すかと思われたが、どうやらPSGの首脳陣たちの頭の片隅には現在も「監督交代」の文字があるという。

PSGはリーグ戦8試合消化した時点で首位に立っているものの、開幕2連敗を喫している、また、マンチェスター・ユナイテッドとのCL初戦でもホームながら1-2で敗れており、今季の各コンペティションのスタートで躓いたことで、トゥヘルの将来が不確実なものとなっている模様。仏『le 10sport』などが伝えている。同メディアによると、もし監督を交代することになった際、アッレグリ氏が次期監督のトップターゲットとなっているようだが、こちらも以前から招聘の噂が上がっていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏も候補の1人として名前が挙がっているようだ。

28日に行われたバシャクシェヒルとのCL・グループリーグ第2節を2-0で勝利したPSG。ネイマールの早い時間帯での負傷交代の影響もあったかもしれないが、この一戦も18本のシュートを放ったのに対して、17本ものシュートを浴びるなど、格下相手に決して簡単な試合ではなかった。すぐさま監督交代に走る可能性は少ないだろうが、今後のチーム状況や結果次第では、シーズン半ばの電撃交代もあるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ