マンUが狙うは16歳の“NEXTフィーゴ” またポルトガルから出てくる大きな才能

スポルティングのL・ゴメス photo/本人Instagram

C・ロナウド、B・フェルナンデスに続く逸材

クリスティアーノ ・ロナウド、ナニ、そしてブルーノ・フェルナンデス。マンチェスター・ユナイテッドはこれまでの歴史の中で、スポルティングCPから後にチームの中心となる実力者を確保してきた。実際に獲得した選手はそこまで多くないものの、定期的にワールドクラスの選手を輩出するポルトガルの名門は赤い悪魔にとって大切な取引相手と言えるだろう。

そんな中で、またもマンUはスポルティングから新たなタレントを引き抜こうと画策している。そのタレントとは、16歳のFWルイス・ゴメス。同選手はポルトガル人アタッカーらしい巧みなドリブルを最大の武器としており、スピードに乗り切らずとも相手をスルスルと躱していく突破は「まるでルイス・フィーゴのよう」と国内でも高い評価を得ている逸材だ。

そして英『Daily Mirror』によると、マンUはかねてよりこのヤングドリブラーを狙っていたとのこと。同選手は10月に入ってからスポルティングと5年間のプロ契約を結んだばかりだが、赤い悪魔はすでに彼の優先交渉権を獲得しているのだという。アトレティコ・マドリードも関心を示しているようだが、この先スポルティングが移籍を容認することとなれば、L・ゴメスの行き先はマンチェスターということになりそうだ。

マンUが目を付けるポルトガルの“NEXTフィーゴ”。将来的に確保できれば、昨季ブレイクしたメイソン・グリーンウッド(19)や、今夏に確保したファクンド・ペリストリ(18)といった選手たちと強力な攻撃陣を形成することができるか。スポルティングに出てきた新たな才能からは、今後も目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ