今季ミランで注目すべき“超ユーティリティ戦士” 21歳の働き者を見逃すな

ミランのサレマーカーズ photo/Getty Images

チームの穴を埋める若きMF

今季のACミランで注目すべき選手は誰か。おそらく、多くの人が挙げるのはチームの精神的支柱と言えるFWズラタン・イブラヒモビッチや、攻撃陣を司るMFハカン・チャルハノール、ブレシアから加入した新鋭MFサンドロ・トナーリといったところになってくるだろう。彼のプレイには華があり、間違いなくミランに違いをもたらしてくれる存在だ。

しかし、少し目立ちこそしないものの、ミランを縁の下から支える若き“ユーティリティ戦士”も忘れてはいけない。伊『calciomercato』が注目すべきと名前を挙げるのは、昨季途中から頭角を現してきたMFアレクシス・サレマーカーズだ。

昨季冬の移籍市場でアンデルレヒトからミランにレンタルで加入し、今季から完全移籍に以降したサレマーカーズ。2019-20シーズンは新型コロナウイルスによる中断期間以降、徐々に存在感を増し最終的に公式戦15試合に出場した。今季もここまでミランが戦った6試合すべてに出場。絶対的とまでは言わないが、ロッソネリに欠かせない戦力であることは間違いないだろう。

そんなサレマーカーズを注目すべき選手に挙げた理由として、『calciomercato』が提示している理由が同選手のユーティリティ性と献身性だ。現在のミランは新型コロナウイルスの影響でイブラヒモビッチや、第2節で左肘を脱臼したアンテ・レビッチといった前線の主力が離脱している状況。そういった中でチームのクオリティを落とさずに彼らの穴を埋めることができるのが、様々なポジションをこなせるサレマーカーズなのだと同メディアは主張している。彼らほどの得点力はこれから磨く段階とはいえ、試合を通してハードワークができるという強みも魅力的。指揮官として、これほど使い勝手の良い選手はいないだろう。

ド派手な攻撃能力こそ持ってはいないものの、長いシーズンを戦う上でチームに一人は欲しいタイプの選手と言えるサレマーカーズ。はたして今季、この若きMFは一体どこまでチーム内における存在感を高めてくるか。あまり目立たない存在でこそあるものの、ミランの穴を常に埋め続ける21歳の“超ユーティリティ戦士”には今後注目したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ