“14本”の枠内ショットで9ゴール バルサで暴れる17歳こそメッシの後継者か

バルセロナのファティ photo/Getty Images

ゴール前での落ち着きと精度は異常

これで17歳とは……。27日のビジャレアル戦にて、バルセロナFWアンス・ファティがあっさりと2ゴールを決めてみせた。

アントワーヌ・グリーズマン、フィリペ・コウチーニョ、リオネル・メッシとともに前線を任されたファティは、15分と19分に得点を記録。17歳だが、今やすっかりバルサの戦力だ。

何よりの衝撃はゴール前での冷静さと精度か。今回の2ゴールも冷静にコースを突いたシュートだったが、ファティのシュートはとにかく精度が高い。

ファティはリーガ・エスパニョーラにおける通算得点数が9点となったが、米『ESPN』によれば枠内シュートの総計は14本となっている。14本の枠内シュートで9得点とは驚きの内容と言える。

これでまだ17歳ということを考えると、ファティこそメッシの後継者に最もふさわしい存在かもしれない。

SNS上でも「若きキング」、「バルサにはもうメッシの代わりがいる」、「ストライカーの位置でプレイすればもっと効果的なのでは」など、17歳の才能に大きな期待が寄せられている。

ベンチにはウスマン・デンベレも控えているが、今日の活躍を見ればファティがスタメンにふさわしいか。

ファティが昨季以上の大ブレイクを果たす可能性があり、どこまで得点を量産してくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ