カマダは“スター”になるか もう10得点9アシストでは驚かないチームの救世主

フランクフルトの鎌田 photo/Getty Images

昨季以上の働きが求められる

ブンデスリーガで通用するかを試された昨季とは違い、スターになれるかどうかが試される特別なシーズンに臨むサムライがいる。

フランクフルトと契約を延長したFW鎌田大地だ。

契約延長にこぎ着けるまで時間を要したが、最終的には2023年まで契約を延長。フランクフルトもこの契約成立を喜んでいることだろう。

開幕節となった19日のアルミニア・ビーレフェルト戦ではインパクトを残せずチームも1-1で引き分けたが、今季の鎌田にかかる期待は大きい。

昨季全てのコンペティションを合わせて10得点9アシストの成績を残した鎌田は、今やチームにとって欠かすことのできないアタッカーだ。

独『Bild』も、「鎌田はフランクフルトの新しいスーパースターになるだろうか?」と注目する。

まだ一貫性などに課題は残すが、昨季以上の成績を残すことができれば文句なしでクラブのスーパースターと言っていい。中堅クラブのフランクフルトで10得点9アシスト以上の成績を残すのは簡単ではない。

昨季の活躍について同メディアは驚いたと伝えているが、今季はもう驚きではない。フランクフルトの看板アタッカーの1人としてチームを高みへ導く仕事が求められる。

当然マークも厳しくなるだろう。しかし、これを乗り越えなければビッグクラブにステップアップする権利は掴めない。鎌田がどこまで数字の部分で世界にアピールできるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ