現プレミア最強DFの名も ケインが語る厄介すぎた“4人”の怪物センターバック

ケインに対応するファン・ダイク photo/Getty Images

今季も楽しみなマッチアップが

近年のプレミアリーグを代表するストライカーであるトッテナムFWハリー・ケインは、クラブとイングランド代表の両方で何人ものワールドクラスDFと対峙してきた。

その中でも、特に印象に残っている4人のDFがいるという。

英『Sportbible』によると、まず1人目はチェルシーで活躍した元イングランド代表DFジョン・テリーだ。

ケインとテリーは年齢が12歳も離れているため、おそらくケインと対戦した時のテリーは全盛期ではなかっただろう。それでも、ベテランらしい読みの鋭さでケインを苦しめていたようだ。

「僕は何年か前にテリーと対戦したけど、彼は本当にスマートなDFだった。ポジショニングが良くて、体の使い方も上手かった」

海外組では、レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスとユヴェントスDFジョルジョ・キエッリーニの名前を挙げている。

キエッリーニもベテランの選手で、テリーと似た脅威を感じたのかもしれない。ラモスも弱点が少なく、アグレッシブに削りにくる相手だ。苦手と感じるセンターフォワードも多いだろう。

「ラモスは非常に優れていて、完璧な選手だ。過去に対戦したキエッリーニもそうだ」

そしてケインが最後に挙げたのが、リヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクだ。

この2人は今季もプレミアリーグで激突する予定で、ケインVSファン・ダイクのマッチアップはプレミアのファンが最も見たいものの1つだろう。

「現時点ではファン・ダイクも世界最高の1人だと思うよ」

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ