C・ロナウド2世、アーセナルの救世主候補も 今季見るべき“7人”のヤングスター

ウルブズに加入したファビオ・シウバ photo/ファビオ・シウバのInstagramより

プレミアには今季も楽しみな若手が

チェルシーにやってくるティモ・ヴェルナーやカイ・ハフェルツ、マンチェスター・ユナイテッドに加入したドニー・ファン・デ・ベークら大物プレイヤーも注目だが、新シーズンのイングランド・プレミアリーグでは若手にも注目したい。

1.ファビオ・シウバ(18歳/ウォルバーハンプトン/FW)



何と言ってもポルトガルからやってきたクリスティアーノ・ロナウド2世だ。

ウルブズはFCポルトで育ってきた若きストライカーをクラブ史上最高額の3500万ポンドで獲得しており、若手注目度No.1と言っても大袈裟ではない。

昨季もポルトではクラブ史上最年少となる17歳と22日でリーグデビューを果たし、その1週間後にもクラブ史上最年少得点をマークしている超逸材だ。

185cmとサイズもあり、ハードなプレミアで1年目から戦えるのか注目だ。

2.インディアナ・ヴァシレフ(19歳/アストン・ヴィラ/FW)



2018年にクラブのアカデミーに入ったヴァシレフは、今年1月にプレミアデビューを果たしたレフティーのウイングだ。

アメリカの世代別代表でプレイしてきた選手で、2017年にはU-17ワールドカップでティモシー・ウェアらとベスト8入りを経験。そこでのパフォーマンスが評価されることになった。

米『ESPN』は今季の活躍次第でA代表入りもあり得ると見ており、アメリカが期待をかける次世代タレントの1人だ。

3.イーサン・アンパドゥ(19歳/シェフィールド・ユナイテッド/DF)



昨季チェルシーでは多くの若手がブレイクしたが、本来ならアンパドゥもブレイクしておくべき逸材だった。

しかし昨季はレンタル先のライプツィヒで出番を掴めぬ失意の1年を過ごすことになり、今季からはイングランドのシェフィールドにレンタル移籍している。

すでにウェールズ代表でもプレイ経験があり、チェルシーが期待をかける選手の1人だ。シェフィールドで確実に出番を確保し、ブレイクのきっかけとしてもらいたい。

4.ファウスティーノ・アンジョリン(18歳/チェルシー/MF)



その若手起用に積極的だった昨季のチェルシーにおいて、NEXTブレイク候補生と期待されているのが攻撃的MFのアンジョリンだ。

昨季はリーグ戦で20分だけ出番が与えられており、『ESPN』はチェルシーのアカデミーの中でも最も有望な選手と高い評価を下している。

今季もカップ戦などで出番を掴める可能性があり、何とかインパクトを残してほしい。

アーセナルに加わったサリバ photo/サリバのInstagramより

5.フォラリン・バログン(19歳/アーセナル/FW)



ブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルティネッリ、エディ・エンケティアなど若手アタッカーが躍動するアーセナルには、まだ楽しみな逸材がいる。

センターフォワードのバログンもトップチームで是非とも試したい選手で、アーセナルサポーターはバログンの放出に反対だろう。

すでに8日に行われたEFLトロフィーのイプスウィッチ・タウン戦で得点を記録しており、将来的にエンケティアと前線で組ませてほしい点取り屋だ。

6.ウィリアム・サリバ(19歳/アーセナル/DF)



同じアーセナルでも、バログンとサリバでは状況が異なる。サンテティエンヌから合流したセンターバックのサリバは今季開幕から即戦力として働いてほしい選手で、アーセナルの失点減少へカギを握る人物だ。

すでにリーグ・アンでは実力を証明しているため、その評判に違わぬ存在かを今季はプレミアで試されることになる。

7.ハーヴェイ・エリオット(17歳/リヴァプール/FW)



最後はリヴァプールのエリオットだ。リヴァプールの前線では南野拓実やリアン・ブリュースターなどバックアッパー陣の争いに注目が集まっているが、レフティーのエリオットは貴重なモハメド・サラーの控えだ。

今季もカップ戦などでチャンスが与えられるはずで、サラーに次ぐ右ウイング2番手であることを証明したい。


彼ら若手にもチャンスは回ってくるのか。今では10代から活躍するケースも珍しくなく、ブレイクに期待だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ