“ブンデスNo.1”のスピードMFなのは意外? 34.9km/hのテクニシャン

レヴァークーゼンのハフェルツ photo/Getty Images

プレミアのスピードに適応できるか

ドイツ・ブンデスリーガからイングランド・プレミアリーグへの適応に失敗した選手は何人かいる。

リーグの環境も異なるため、プレミアのスタイルに合わない選手も少なくないのだ。

そこで気になるのは、今夏ブンデスリーガから大物タレントを2人引き抜いたチェルシーだ。

チェルシーはライプツィヒからFWティモ・ヴェルナー、レヴァークーゼンからMFカイ・ハフェルツを獲得。どちらも目玉補強で、早い段階から結果を出すことが求められる。

ヴェルナーの場合はセンターフォワードとして戦えるだけのパワーがあるのか気になるところだが、スピードは一級品だ。スピード勝負ならばプレミアのDFを圧倒できるだろう。

ではハフェルツはどうか。ハフェルツにはテクニシャンとのイメージを抱いている人が多いはずで、近年ではドルトムントからプレミア挑戦へ踏み切ったヘンリク・ムヒタリアンや香川真司などテクニシャンが苦戦した例もある。

しかし米『ESPN』はスピードの部分でも問題なしと強調する。

ハフェルツは昨季ブンデスリーガで34.9km/hのスピードを記録しており、これはMFの中ではブンデスNo.1の数字だったという。

ハフェルツもヴェルナーと同じくパワーの部分は気になるが、スピードの部分では問題なしか。

ヴェルナー、クリスティアン・プリシッチらと一緒に高速カウンターも披露してほしいところで、プレミアでも二桁得点を期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ