ラーションとイブラをMIXさせたモンスター 新時代切り開くFWへの称賛止まず

ドルトムントで活躍するハーランド photo/Getty Images

高さもスピードも得点感覚も抜群

スウェーデンサッカー史に残る名ストライカーといえば、セルティックやバルセロナで活躍したFWヘンリク・ラーションと、現在もミランでプレイするFWズラタン・イブラヒモビッチが思い浮かぶ。

ラーションはゴール前での動き出しも巧みで、ペナルティエリアでの得点力がずば抜けていた名手だ。

一方のイブラヒモビッチは190cmを超えるサイズを活かしたダイナミックなプレイを得意とし、パワーとテクニックの両方を備えている。

そんなラーションとイブラヒモビッチをMIXさせたような選手がいるとすれば、どうだろうか。

先日ノルウェー代表を指揮するラーシュ・ラーゲルベックは、現在のノルウェー代表を引っ張る20歳FWアーリング・ハーランドをリオネル・メッシ&クリスティアーノ・ロナウドと比較していた。

しかし『sky Sports』によると、比較はこれだけで終わらなかった。過去にスウェーデン代表を指揮した経験を持つラーゲルベックは、ハーランドをラーションやイブラヒモビッチとも重ねているのだ。

「比較するつもりはないが、彼は私が以前見てきたラーションとイブラヒモビッチを少しMIXした選手だ。ズラタンは常にゴールを欲していて、ラーションはもう少しチームプレイヤーで動きが多かった。ハーランドはそれを合わせたものだ。地に足をつけていれば、彼は高いレベルへ到達できる」

ハーランドは194cmと高さもあり、加えてゴール前での得点感覚も抜群だ。スピードも備えていて、イブラヒモビッチとラーションをMIXしたストライカーとの表現も納得か。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ