マンUに必要なのは絶対的ストライカー 勧められる“頼れる9番”の確保

2019-20シーズンの終盤戦には強力3トップが活躍したマンUだが…… photo/Getty Imgaes

必要なのはトップレベルの点取り屋

2019-20シーズンの後半戦は攻撃陣が大爆発し、最終的に来季チャンピオンズリーグ出場圏内である3位にまで順位を上昇させたマンチェスター・ユナイテッド。マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、そしてメイソン・グリーンウッドの3トップは、相手にとってまさに“驚異”と言える存在だった。

一見、完成を見たかのようにも思える前線のユニット。しかし、2007年から2013年まで同クラブでアシスタントコーチを務めたレネ・ミューレンスティーン氏は、その中にも足りない要素があると主張する。同氏がマンUの前線に足りないと訴えるのは絶対的な9番タイプのストライカーだ。

「開幕を迎えるにあたって非常に重要なことは、ユナイテッドが新シーズンに良いスタートを切るべきということだ。彼らは常にトップを争い、競争を続けなければならない。そのために絶対にサインすべきなのがトップレベルのストライカーなんだ。私はそれがずっと必要だと言ってきた。可能性は低いかもしれないが、もしケインを獲得できたなら、彼らは来季のタイトルを争うことになるだろう」

英『talkSPORT』に対して、ミューレンスティーン氏はこのように自身の考えを熱弁している。やはり昨季終盤に素晴らしいコンビネーションを機能した3トップとはいえ、絶対的な柱となるストライカーが一人は必要なのだろうか。

マンUに提案される9番タイプのストライカー補強。アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークをを獲得し着々と陣容を整えつつある赤い悪魔だが、まだ戦力の増強は図るべきなのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ