バイエルンの新たな“伝説トリオ”へ 新時代を切り開く3人の若きアタッカー

バイエルンのニャブリ photo/Getty Images

背番号も新たに新時代を築く

バイエルンにとって、7番と10番は特別な番号だ。7番はフランク・リベリ、10番はアリエン・ロッベンが背負い、チームにいくつものタイトルをもたらしてきた。

そんなバイエルンが新たな時代へ向かう。クラブは新シーズンから7番と10番を2人の若きアタッカーに託す決断を下した。

7番は今季バイエルンの3冠に大きく貢献したFWセルジュ・ニャブリに、そして10番はマンチェスター・シティからやってくるFWレロイ・サネが背負うことになったのだ。

ブンデスリーガ公式はこの決断に、「クラブの最も象徴的な2つの番号が新時代に乗り出した」と取り上げている。

ニャブリの方はすでにバイエルンで実力を証明しており、おそらくは背番号が変わってもハイレベルなパフォーマンスを続けてくれることだろう。

本人も「7番を背負うことを楽しみにしている。フランクは常にファンを感動させていて、そのことが僕にさらなるモチベーションを与えるよ」とコメントしている。

サネはまだバイエルンでフィットするか分からないが、好調時はマンCで圧巻のパフォーマンスを披露していた。

また2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でチームを優勝へ導くゴールを決めたFWキングスレイ・コマンのことも忘れてはならない。

ロベリー時代もドウグラス・コスタ、ジェルダン・シャキリなど優秀なバックアッパーがいた。コマンもその流れを受け継いでいる。

同サイトも7番のニャブリ、10番のサネに加え、29番のコマンを含めた3人が伝説的なトリオになることを期待している。

世代交代が進むバイエルンに揃う3人の爆速アタッカーは新シーズンにどんな魔法をかけてくれるのか。伝説トリオで目指すは2シーズン連続の3冠だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ