中国リーグを甘く見ていた助っ人FW 「スプライトやコーラ、ファンタなど……」

上海上港へ加わったアルナウトビッチ(右) photo/アルナウトビッチのInstagramより

不摂生な生活をしていたと振り返る

中国リーグの新シーズン開幕から8試合で負けなしと好調を維持する上海上港は、中国の中でも特に優秀な外国人選手を抱えているチームだ。

中でも注目したいのは、昨夏にウェストハムから加わった31歳のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチだ。

31日に上海上港は天津泰達と対戦して4-1の勝利を収めているが、アルナウトビッチはここでも得点を記録。開幕から8試合で5点目と絶好調だ。

アルナウトビッチの背後にはブラジル人MFオスカル、FWフッキが構えていて、この外国人トリオの破壊力は凄まじい。

ただ、当初のアルナウトビッチはそこまでモチベーションが高くなかったという。中国スーパーリーグのレベルを過小評価していたからだ。

英『Daily Mail』によると、本人もかなり不摂生な生活をしていたと認めている。今はそれを改善したようで、私生活改善も開幕からのスタートダッシュに繋がっているのだろう。

「僕は練習しなかったし、体のこともケアしなかった。スプライトやコーラ、ファンタなど、あらゆる炭酸飲料を飲んでいた。間違った時間に食事もしていたし、十分に眠っていなかった。中国で時差に適応するまで3週間ほどかかったからね。朝の6時か7時にベッドに入り、夕方の3時か4時に起きる。トレーニングへ行き、夜中中起きている。そして間違った時間に食事していたんだ」

今ではチームでタイトルを獲得すべく考え方を切り替えたようで、その姿勢がきっちりと結果に繋がっている。

欧州を離れる選手の中にはお金目当てでアジアやアメリカへ向かう者もいるだろうが、チームがタイトルを欲しているのはどこも同じだ。集中していなければ、トップレベルの選手でも簡単に結果は残せないのだろう。

中国の環境に適応したアルナウトビッチは、相手DFにとって確実な脅威となっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ