新天地でも得点量産に期待せよ 待ちわびたチェルシー快速FWお披露目の時

今夏チェルシーに加入したヴェルナー photo/Getty Images

「やっと青いシャツを着てプレイできる」

DFチアゴ・シウバにDFベン・チルウェル、そしてシーズン途中に加入が発表されていたMFハキム・ツィエクと今夏の大補強が目立つチェルシー。昨夏は補強禁止処分の影響で新たに選手を獲得することができなかったものの、イングランドのビッグクラブがマーケットでの影響力を取り戻している。次々と注目株が加入している今、ファンは大興奮といったところだろう。

そんなチェルシーの補強選手において、RBライプツィヒからやってきたFWティモ・ヴェルナーにも注目している人は多いだろう。2019-20シーズンのブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキが目立ったが、この男もリーグ2位となる28ゴールを荒稼ぎしている。彼の加入はチェルシー攻撃陣はさらに高いレベルへと押し上げるはず。はやくブルーズのユニフォームを着てプレイする彼の姿を見たいと、デビュー戦を待ちわびているファンは多い。

そんな中、ヴェルナーがチェルシーの一員として臨む新たな旅について言及している。現地時間29日に行われるブライトンとの親善試合において、新天地デビューすることが濃厚となっている同選手。どうやら、本人もブルーズでの実戦デビューを待ちきれない様子だ。

「今はとても興奮しているよ。新シーズンの開幕が待ちきれないね! 加入して間もない頃はしばらく単独でトレーニングをしていて、少し不思議な感じだったね。我慢しなければならなかったよ。でも、それから1週間ほどで全体練習をすることができた。あと2週間ほどでリーグ戦が開始されることをとても嬉しく思っている。プレミアで自分を試すことができるのにとても興奮しているんだ。ブライトンとの親善試合も待ちきれないよ。やっと青いシャツを着てプレイできるんだからね」

クラブ公式サイトのインタビューにて、このように語ったヴェルナー。ロンドンに来てからしばらくは一人でトレーニングを積んでいたこともあり、同選手は新たな仲間たちと実戦の中でプレイできる瞬間を心待ちにしていたようだ。

ヴェルナー、そしてファンが待ちに待ったブライトンとの親善試合。はたして、この快速ストライカーはリーグ開幕戦でも対決するプレミアクラブ相手にどのようなプレイを披露することとなるのだろうか。まずは挨拶がわりのゴールで、自分がブルーズに必要な選手だとアピールしたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ