ハキミの後釜は190cmの“マシーン” 先輩が太鼓判推す超大型サイドバック

ドルトムントのムニエ photo/Getty Images

ドルトムントでの成功間違いなしと確信

2019-20シーズン、ドルトムントでは爆速サイドバックのアクラフ・ハキミが大ブレイクを果たした。その圧倒的なスピードは敵の脅威となり、一気にワールドクラスのサイドバックへ名乗りを上げることとなった。

しかし、ハキミはレアル・マドリードからレンタルで加わっていた選手だ。ドルトムントはハキミの後釜を探す必要があり、最終的に選んだのはパリ・サンジェルマンでプレイしていた長身DFトマ・ムニエだった。

ムニエも優秀な大型サイドバックだが、ハキミの穴埋めミッションはプレッシャーも大きいだろう。ハキミはアシストも量産していたため、ムニエがそれと同じ働きをするのは非常に難しい。

しかし、ムニエがドルトムントで成功できると太鼓判を押す者もいる。ベルギーのクラブ・ブルージュ時代に共闘した経験を持つ元ベルギー代表MFティミー・シモンスだ。

シモンスはムニエの能力をかなり高く評価しているようで、ドルトムント公式によれば190cmのサイズを誇る大型サイドバック・ムニエのことをマシーンと表現している。

「ムニエにはブンデスリーガで輝くために必要な全てが備わっている。ピッチを上下動する豊富なスタミナ、高い身体能力、状況判断力、誰も彼を抜けない。それに彼は滅多に怪我をしない。ドイツのファンは最後までファイトする選手を愛するが、ムニエも諦めることがない。私がドイツのクラブにいたなら、ムニエを獲得するだろうね」

ハキミとは異なる特長をチームにプラスすることになるが、ハキミに続く大ヒット新戦力となれるのか。攻守両面での貢献に期待だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ