名将は韓国語まで習得するのか 名将モウリーニョの飽くなき向上心

ソン・フンミンとグータッチするモウリーニョ photo/Getty Images

何より重要視するコミュニケーション

現在トッテナムを指揮する名将ジョゼ・モウリーニョは、優れたモチベーターとして知られる人物だ。

選手と積極的にコミュニケーションを取り、ドレッシングルームでも試合前の選手たちを盛り上げるべく特別な言葉を届けるのだろう。

それを支えているのはモウリーニョのアイディア力、そして複数の言語を操る能力にある。

モウリーニョは英語、スペイン語、カタルーニャ語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語を操るとされており、あらゆる選手たちとコミュニケーションを取る準備が整っている。

英『The Sun』によると、モウリーニョの努力はこれだけではない。何と現在は韓国語の勉強もスタートさせているというのだ。

トッテナムには韓国代表FWソン・フンミンがいるため、ソン・フンミンとさらにコミュニケーションを深める狙いがあるのだ。

「グループにいるとき、コミュニケーションは非常に重要だ。それぞれの言語を話すクラブの文化をリスペクトしている。選手たちと一緒に、私はその国の言語に飛び込んでいく。だからこそ私は韓国語を学んでいる」

ソン・フンミンも欧州での生活が長いため、韓国語以外でコミュニケーションを取っているはず。

それでもモウリーニョはさらに理解を深めるべく、韓国語でソン・フンミンと話そうとの考えがあるのだろう。

この姿勢こそモウリーニョが選手たちから慕われる理由なのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ