“ドログバ2世”となれる逸材はイタリアに 来季ブレイク期待の新・怪物候補

今季はリールで得点を量産したオシムヘン photo/Getty Images

レジェンドにも負けない万能ストライカーへ

かつてチェルシーで活躍し、現役を退いた今でも同クラブのレジェンドとしてファンから愛されている元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ。過去ブルーズに数多くのタイトルをもたらした男は、サッカー界の歴史においても類を見ない“怪物ストライカー”だったと言っていいだろう。彼は屈強なフィジカルもさることながら、全盛期にはその身体能力の高さからくるスピードも持ち合わせていた。

そんなドログバがピッチから去って2年の月日が流れようとしている今、サッカー界に“ドログバ2世”となれるほどのポテンシャルを備えたストライカーが現れている。その名はヴィクター・オシムヘン。今夏リールからナポリにステップアップした21歳だ。

ナイジェリア代表の選手ということもあり、ドログバとの接点はほとんどない。しかし、オシムヘンが持つアフリカ出身選手特有の身体能力の高さは、たしかにこの元コートジボワール代表を彷彿とさせるものがある。身長186cmのサイズを活かした空中戦の強さや、一瞬で相手ディフェンスラインの裏を取る技術はすでにトップレベルと言っても過言ではないだろう。

昨季はリーグ・アンで27試合に出場し、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールに並ぶ13ゴール(得点ランク4位タイ)をマークしたオシムヘン。まだ21歳ながら、ストライカーとしての完成度は他の同年代FWと比べても突出している。そんなオシムヘンには伊『Gazzetta dello Sport』もかなり期待しているようで、ドログバとの比較について同メディアは次のように見解を示している。

「優れたスピードとテクニックを備えるオシムヘンは必要に応じてサイドでもプレイ可能だ。しかし、彼のセンターフォワードとしてのポテンシャルは計り知れない。人はよく彼をドログバと比較するが、そう考えるのも無理はない。まだ若い選手だが、オシムヘンはいずれドログバにも匹敵するパフォーマンスをナポリで見せてくれるだろう。過去20年間で最強のアフリカ人ストライカーと呼ばれたドログバだが、この比較を誰も否定することはできないはずだ」

その能力の高さから、アフリカのレジェンドと比較されるほどの存在となっているオシムヘン。はたして、この21歳は来季イタリアの地で偉大な先輩にも負けないほどのパフォーマンスを披露することができるのだろうか。アフリカの地からまた新たな怪物候補が出現している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ