約1億ユーロのチームでバルサ粉砕 驚異の“低コスト”最強軍団の魅力

バルセロナを粉砕したバイエルン photo/Getty Images

安価で優秀な選手を

先日のチャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナを8-2で粉砕したバイエルン。

その圧倒的な力は見事と言うしかないが、もう1つ見事なのは選手補強にかけているコストだ。

バルセロナ戦に先発したメンバーを見ると、獲得時に最もコストがかかったのはシャルケから補強したGKマヌエル・ノイアーだ。それでもかかった移籍金は3000万ユーロと比較的安価だ。

右サイドバックのジョシュア・キミッヒは2015年に850万ユーロで獲得し、左サイドバックのアルフォンソ・デイビスは1000万ユーロ。

センターバックのジェローム・ボアテングは1350万ユーロ、ダビド・アラバは2008年にバイエルンの下部組織に加わり、そこから上がってきた選手だ。

中盤もレオン・ゴレツカはフリーで獲得し、チアゴ・アルカンタラは2500万ユーロ。

前線のセルジュ・ニャブリは800万ユーロ、イヴァン・ペリシッチはインテルからのレンタル移籍、トーマス・ミュラーは下部組織出身。

そしてロベルト・レヴァンドフスキはドルトムントからフリーで獲得している。

特徴の1つとしては、低コストで獲得して長期間チームに貢献してくれているということか。

ノイアーの3000万ユーロでも安く感じるほどで、スペイン『MARCA』は1億ユーロでバルセロナ戦のスタメンが完成したと驚いている。

バルセロナはアントワーヌ・グリーズマンやウスマン・デンベレのように1人の選手を獲得するために1億ユーロ以上支払うパターンもあるが、バイエルンの場合は少ない。

コスト面でも、今のバイエルンは理想的なクラブと言えそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ