新境地開拓した34歳に気をつけろ マンUが警戒すべきベテランDF

セビージャのJ・ナバス photo/Getty Images

EL準決勝の相手に曲者揃う

マンチェスター・ユナイテッドがヨーロッパ・リーグで優勝を目指すにあたり、最大の障害となるであろう存在。そう聞けば、多くの人は決勝で対戦する可能性があるインテルを思い浮かべることだろう。アントニオ・コンテ監督に率いられ、今季セリエAを2位で終えたネッラズーリはたしかに脅威だ。

しかし、そのインテルと相まみえるかもしれないファイナルへと進む前に、彼らがまず乗り越えなければならない壁がある。準決勝で対戦するセビージャだ。今季はリーガ・エスパニョーラを4位でフィニッシュした同クラブ。レアル・マドリードとバルセロナの2強とは少し離されてしまったが、その実力は確かだ。

フレン・ロペテギ監督に鍛えられ、各ポジションに曲者が揃う彼らは間違いなく難敵と言えよう。リーグ後半戦から絶好調をキープするマンUだが、苦しい展開となることも十分に考えられる。欧州でも屈指のキック精度を誇るMFエベル・バネガ、、ダイナミックなプレイが持ち味のMFルーカス・オカンポス、守備型サイドバックとして着実に成長を続けるDFセルヒオ・レギロン、準々決勝ASローマ戦で強固なディフェンスラインを構築したDFジエゴ・カルロスとDFジュール・クンデ……。知名度こそ高くはないかもしれないが、セビージャには職人タイプの実力者が多い。

しかし、そんな中でも英『Manchester Evening News』がセビージャで最も警戒すべきとするのは34歳のベテランだ。そのベテランとはDFヘスス・ナバス。今季ロペテギ監督の下でウイングからサイドバックにコンバートされた同選手は、セビージャの右サイドに欠かせない存在となっている。上質なクロスやかねてよりの強みだったドリブル突破に加え、味方を後方からサポートする動きも秀逸。今季リーグ戦は全38試合に出場して7アシストを記録しており、マンUの脅威となる可能性はかなり高いだろう。同メディアが警戒を促すのも頷ける実力者だ。

はたして、マンUはこのセビージャ戦でJ・ナバスの攻撃参加をどこまで抑え込むことができるのだろうか。新境地を開拓したベテランの進撃は、全力で食い止めたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ