8000万ユーロでも安い大活躍 “怪物アドリアーノ”の再来思わせるルカクの衝撃

インテルのルカク photo/Getty Images

1年目からキャリアハイ

セリエAはストライカーにとってゴールを奪うのが難しいリーグと言われるが、そんな理屈を跳ね除けて大暴れしている大型ストライカーがいる。

今季よりインテルでプレイするFWロメル・ルカクだ。

近年は移籍金が高騰しており、高額な移籍金に見合うパフォーマンスを見せられず苦しんでいる選手も多い。

インテルもルカク獲得にには8000万ユーロもの移籍金を費やしているが、すでにその移籍金額に見合う働きは見せたと言っていいだろう。

ここまでの成績は全てのコンペティションを合わせて29得点5アシストとなっており、ルカクにとってはキャリアハイの得点数だ。ゴールを奪うのが難しいはずのセリエAで1年目からキャリアハイを記録するとは少々驚きではある。

指揮官アントニオ・コンテのスタイルに合ったことも大きいが、それだけではない。英『GIVE ME SPORT』はファーストタッチの精度が大きく上がったところに得点量産の理由があると分析している。

ルカクはパワーとスピードを併せ持つ恐怖の大型ストライカーだが、足下はそこまで器用ではなかった。そこが改善され、よりプレイに安定感が増したとも言える。

相棒のラウタロ・マルティネスとのコンビネーションも機能し、今季はルカクが低い位置まで顔を出してボールを引き出すパターンも多かった。ややルカクに放り込みすぎではとの指摘もあったが、コンテの好みにピッタリのFWだったのだろう。

圧倒的なパワーでDFを制し、左足から強烈なシュートを連発するその姿は、インテルで活躍した重戦車FWアドリアーノを思わせる。今季のパフォーマンスを来季も継続してくれれば言うことなしだが、ルカクはさらなるキャリアハイを達成できるだろうか。スクデットのカギはルカクが握っている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ