南野拓実で完成する[4-2-3-1] リヴァプールでカギを握る“超便利屋”の存在

リヴァプールの南野 photo/Getty Images

戦略に幅を与える存在に

今季圧倒的な強さでプレミアリーグを制したリヴァプールは、当然来季も連覇を狙ってくるだろう。

その際にカギと考えられているのが、戦術の多様性だ。あくまで攻撃の中心はモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップだが、彼らにばかり負担をかけるわけにはいかない。

また、システムも[4-3-3]以外のオプションが欲しいところ。例えば、トップ下を置く[4-2-3-1]だ。

英『Liverpool Echo』でも戦術のオプションをどう増やしていくかが議論されているが、以前はMFジェルダン・シャキリが[4-2-3-1]を実現する貴重なオプションになっていた。

ところが、出番を失ったシャキリは今夏の退団もあると言われている。そこで貴重な存在となるのがFW南野拓実だ。

南野は今冬にザルツブルクから合流し、様々な役割をこなしてきた。[4-2-3-1]ならば前線全てのポジションをこなすことが可能で、リヴァプールにとっては便利な存在となるはずだ。

さらにFWディボック・オリギもフィルミーノら主力の負担軽減へ奮闘が求められる。

リーグ戦、チャンピオンズリーグのダブルを目指すならば、南野&オリギのバックアッパー2人の活躍も重要になってくるだろう。

[4-2-3-1]ならば夢のサラー、フィルミーノ、マネ、南野の前線を見ることができる。このシステムを試す価値はあるはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ