“アザール2世”の輝き 5760万ポンドの価値証明した爆速FWへの注目

チェルシーのプリシッチ photo/Getty Images

マンC戦で圧巻ゴール

ティモ・ヴェルナー、ハキム・ツィエクと、チェルシーのサポーターは来季より合流する新アタッカーたちを心待ちにしていることだろう。

しかし、エース候補は彼らだけではない。チームの主役になり得る逸材は他にもいる。

英『GIVE ME SPORT』が称えたのは、昨夏ドルトムントからやってきた21歳のFWクリスティアン・プリシッチだ。

プリシッチは今年に入ってから怪我もあり、思うようなキャリアは過ごせていないかもしれない。それでも好調時には圧巻のパフォーマンスを披露できる。2-1で勝利した25日のマンチェスター・シティ戦はそれを証明するゲームになったと言えよう。

プリシッチは36分に中盤でボールを拾うと、一気に加速してマンC守備陣を置き去りに。完璧な独走ゴールを決めてチームを勢いに乗せた。

同メディアはこのプレイから、エデン・アザールを連想させると称賛。移籍金5760万ポンドの価値を見せたと伝えている。

アザールもチェルシー時代にはこうした独走ゴールをいくつか決めていたが、プリシッチにも同じことをするだけの素質はある。何より、単純なスピードならばアザールを上回っている。

細かいテクニックや安定感ではアザールの方が上だろうが、プリシッチの推進力もかなりのものだ。同メディアはこのプリシッチの爆発的なスピードを活かせるスタイルでプレイすべきと指揮官フランク・ランパードにメッセージを送っているが、来季はどんなチームが完成するのか。

ヴェルナー、ツィエク、プリシッチのトリオはかなり強力だ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ