リヴァプールに“かつての大黒柱”は必要か OBが天才MFを欲しがる理由

今季はバイエルンでプレイしているコウチーニョ photo/Getty Images

「適応の期間は必要ない」

今のリヴァプールにブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは必要か。これはかねてよりファンや識者の間で議論されているテーマだ。バルセロナや現在所属するバイエルン・ミュンヘンでイマイチ調子が戻ってこない天才MFだが、最高級の輝きを放っていた古巣に戻ればまた実力を発揮できるはず。そんな声もチラホラとは聞こえてくる。

そして、クラブOBのジョン・オルドリッジ氏もそんな考えを持つ人物のうちの一人なようだ。同氏は可能ならばリヴァプールは間違いなくコウチーニョの獲得に動くべきと主張する。英『Daily Mirror』が伝えた。

「リヴァプールはコウチーニョをアンフィールドへ連れ戻すために、できる限りのことをすべきだと思うな。この私の意見に驚くファンがいることは理解しているけど、この移籍は関わる全ての人にとってうまくいくと思うんだ。確かにコウチーニョはスペインへ行って以降トラブルに見舞われた。だが、彼はリヴァプールでクラブに忠誠を誓ったビッグヒーローだったんだ。それに、イングランドのフットボールがどのようなものかも理解している。リヴァプールに復帰することとなっても、適応の期間は必要ないんだ。レンタルであれば、厳しい財政状況でも獲得できる可能性はあると思うしね」

順応期間が他の選手よりも短いという点を強調し、リヴァプールにコウチーニョの獲得を進言したオルドリッジ氏。とはいえ、現状でレッズがそこまで彼に執着している様子が見えない以上、復帰の可能性はかなり低いと言っていいか。加入となれば暖かく迎えられるだろうが、彼は現時点でどうしても必要というほどの選手でもないはずだ。

今季でバイエルンからの退団は濃厚だが、はたしてこのブラジル代表MFは来季どこでプレイすることとなるか。先が見えないだけに、今後も彼の去就に関しては各方面から提案がなされることだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ