スパイダーの次は“オクトパス” マンUが狙う20歳のボールハンター

ベンフィカで頭角を現すF・ルイス photo/Getty Images

ポルトガルの新世代MF

昨夏、マンチェスター・ユナイテッドは右サイドバックの位置にクリスタル・パレスからDFアーロン・ワン・ビサカを加えた。長い足を武器に多くのタックルを仕掛けることから“スパイダー”との異名を取る同選手。今では完全にマンUで不動の地位を築くまでに成長しており、この補強は大成功だったと言えるだろう。

そんなワン・ビサカに続いて、マンUは今夏も若きタックルマスターの獲得を企んでいるという。その選手とはベンフィカに所属する20歳MFフロレンティーノ・ルイスだ。

同選手はベンフィカでは中盤の底を主戦場としており、高い身体能力を活かしたボール奪取能力や類稀なるポジショニングセンスからくるカバーリング能力が魅力のMF。昨年6月に行われたFIFA U-20ワールドカップではポルトガル代表の主力としてプレイし、チームのベスト8進出に貢献している。どこからでも足が伸びてくることから、ポルトガルでは“オクトパス”との異名を取るボールハンターだ。ワン・ビサカとはポジションこそ違えど、そのスタイルはタックルモンスターという点でかなり近しいものがあると言えるだろう。

英『Daily Mail』によると、F・ルイスとベンフィカの契約は2024年までとなっているが、ポルトガルの強豪はその後の完全移籍も視野に入れたレンタルでの放出を容認する構えのようだ。今冬ドルトムントからMFユリアン・ヴァイグルを加えて中盤の層が熱くなった同クラブ。若き才能を高額でビッグクラブへ売却する思惑と同時に、F・ルイスへ対する親心もあるか。

ポルトガルに出現した新たなタックルモンスター。はたしてこの若き才能をマンUは確保することができるのだろうか。彼らの他にも、ACミランやレヴァークーゼンといったクラブが彼を狙っているとされるが、早めに動き出してライバルたちを出し抜きたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ