いつかリヴァプールで輝きたい ドイツで研鑽積む24歳のレンタル戦士

ヘルタで着実に成長しているグルイッチ photo/Getty Images

ブンデスで躍動するビッグマン

いつの日かアンフィールドの声援を背に受けてプレイしたい。リヴァプールは近年欧州の舞台でも結果を残しているだけに、そんなことを思っている若手は多いだろう。そんな中でも、その意識を一層強く抱いているのはすでにリヴァプールに所属している選手か。結果を残せば夢の舞台まではあと一歩。モチベーションは相当に高いはず。

現在、他クラブへ武者修行に出ている24歳もそんな夢を持つ一人だ。ヘルタ・ベルリンで研鑽を積むセルビア代表MFマルコ・グルイッチは、いつかリヴァプールでプレイしたいという願望を『Liverpoolfc.com』のインタビューに対して次のように述べている。

「僕は今でもリヴァプールのレンタル部門責任者と密に連絡を取り合っているんだ。ヘルタでどのようなトレーニングをしているか、自宅でどんなエクササイズをしているかと言ったことも報告しているね。何か改善すべきことがあれば試合の前後でそれについて話し合っているよ。それには大きな意味があるね。僕は今でもリヴァプールの選手であり、いつかあそこでプレイしたいと思っている。まだ夢の段階ではあるけどね」

身長190cmのサイズを活かした空中戦の強さと正確かつパワフルな右足のシュートを武器に、ヘルタで中盤のレギュラーポジションを勝ち取っているグルイッチ。ドイツで評価急上昇中とあって、来季リヴァプールへ復帰する可能性は高いとも現地メディアでは伝えられている。24歳の夢が現実となる日はそう遠くないか。

夢を追う日々を送るリヴァプールのヤングスターたち。現在のチームはすでに完成されているとの声もあるが、彼らの成長次第ではまだまだ強力なスカッドを組むことも可能なはず。下の世代からの突き上げには大いに期待したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ