ジェラードが惚れた“トリックスター” メッシにも負けぬと評された男の実力

リヴァプールでもプレイしたジョー・コール photo/Getty Images

技術は高かったが……

彼も黄金世代の1人と言うべきなのか。イングランドサッカー界を代表するファンタジスタ、ジョー・コールへの評価は分かれる。

サイドから仕掛けるドリブルはキレ味があり、テクニックレベルも極めて高い。イングランドらしからぬトリックプレイヤーであるコールは、サッカーファンからも人気のある選手だ。

ところが、結果がついてこない。アタッカーとして得点数が物足りないため、評価が難しい選手なのだ。

英『GIVE ME SPORT』が今から10年前のことを振り返っているが、2010年にコールはリヴァプールへの移籍が決定する。これを喜んだのがイングランド代表でチームメイトだったスティーブン・ジェラードで、コールがリーグMVP級の働きをしてくれるはずと大きな期待をかけていたのだ。

「メッシはアメイジングなことができるが、ジョーも同じようにできる。ジョーはゴルフボールを使い、他の選手にはできない足技を見せて我々を驚かせていた。今季ジョーがリーグMVPになるのをイメージしているよ」

2010年、ジェラードはこのようにコメントしている。まさかメッシ級のテクニシャンとまで表現していたのは驚きだが、どれだけ期待されていたかが分かる発言だ。

しかし、コールは期待に応えられなかった。2010-11シーズンは32試合に出場して僅か3得点。翌年にはフランスのリールにレンタル移籍している。

極めて評価するのが難しいファンタジスタ気質の選手で、サッカーファンの間でも評価は分かれる。2006年にはスター揃いだったイングランド代表の中に割って入ってドイツワールドカップ出場を果たしているのだが、コールはワールドクラスの選手だったのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ