総額4億8200万ユーロのピース探し バルサの噛み合わぬ“第3FW”補強

グリーズマンも苦戦気味 photo/Getty Images

スアレス&メッシと呼吸合う選手見つからない

ルイス・スアレス&リオネル・メッシとの相性も良く、なおかつゴールも量産できる。バルセロナのアタッカーに求められるミッションはなかなかに過酷だ。

バルセロナはネイマールが退団してから新アタッカーを次々と獲得してきたが、ほとんどが期待はずれだ。

スペイン『MARCA』は、新アタッカー探しに費やしてきた金額が驚異の4億8200万ユーロに達すると取り上げている。

2016年より合流したMFアルダ・トゥランに始まり、フィリペ・コウチーニョ、ウスマン・デンベレ、パコ・アルカセル、昨夏アトレティコ・マドリードから獲得したアントワーヌ・グリーズマンなど大物プレイヤーも数多い。

コウチーニョも上手くいかず photo/Getty Images

同メディアはマウコム、ジェラール・デウロフェウ、マーティン・ブライトバイテまでこのリストに含めているが、彼らも本領を発揮できたわけではない。スアレスとメッシと合わせるのは難しいのか、ほとんどのアタッカーが実力を発揮できないままクラブを去っている。

そして次なるターゲットとなっているのが、インテルFWラウタロ・マルティネスだ。

マルティネスの場合はスアレスの後継者候補でもあるのだが、いずれにしても近年アタッカーの補強で失敗続きなバルセロナがマルティネスの能力を100%引き出せるのか疑わしいところもある。

コウチーニョ、デンベレ、グリーズマンと同じく、マルティネス獲得にも1億ユーロ以上の移籍金が必要になると見られており、バルセロナとしてはこれ以上の失敗は避けたい。

ネイマールが去って以降、バルセロナが得点部分の多くをスアレス&メッシに依存してきたのは事実だ。その状況を変えて2人の負担を軽減したいところなのだが、バルセロナは今度こそ当たりを引くことができるだろうか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ