大迫の後継者となれるのか ベルギーで“7得点”ともがいた鈴木優磨の1年目

シント・トロイデンでプレイする鈴木優磨 photo/Getty Images

純粋なストライカーは海外組の中でも貴重

日本代表ではそろそろFW大迫勇也の後継者候補となるプレイヤーを探していきたいところだが、楽しみな選手の1人がベルギーのシント・トロイデンで奮闘する24歳の鈴木優磨だ。

シント・トロイデンといえばDF冨安健洋がセリエA・ボローニャへ、FW鎌田大地がドイツ・フランクフルトへ、MF遠藤航がドイツ・シュツットガルトへと、日本人選手にとって良きステップアップの場になってきた。昨夏に鹿島アントラーズから加わった鈴木もその流れに続くことが期待されている。

ベルギー『Voetbalkrant』も今季の新戦力たちを評価しているが、リーグ戦で7得点を奪った鈴木に関してもまずまずの評価を下している。182cmと欧州ではそれほど大きくないサイズだが、ハードワークを欠かさなかった部分も評価されている。

何より今季の鈴木は出遅れた。開幕に間に合わず、先発デビューは9月に入ってからの第8節・シャルルロワ戦まで待つことになった。決して順調なスタートではなかったが、そこから奮起して24試合で7得点を挙げたことは評価されるべきだろう。

あとはこの経験を次へ繋げることができるのか。理想としては鎌田や冨安のように、いつかは欧州五大リーグで活躍できるレベルのストライカーへと成長してほしいところ。欧州組の中でも純粋なストライカーと呼べる選手は限られているだけに、鈴木のさらなる爆発に期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ