リヴァプールは“快速ストライカー”を絶対に確保せよ 「マンCを見てみて」

リヴァプール移籍の噂が浮上しているヴェルナー photo/Getty Images

3トップは完成済みも

ドイツで猛威を振るう“快速ストライカー”をリヴァプールは確保できるか。次の移籍市場において、これは大きな注目を集めるトピックの一つとなるだろう。その“快速ストライカー”とは、RBライプツィヒに所属するFWティモ・ヴェルナーである。

先日、英『Evening Standard』がサポーターに対して、「次の移籍市場でどのポジションを強化すべきか」とのアンケートを実施した際に、ストライカーは攻撃的MFと守備的MFに次ぐ3位にランクイン。サポーターもロベルト・フィルミーノに頼りきりとなっている前線中央には一抹の不安を覚えている様子だ。南野拓実の覚醒にも期待したいところだが、現時点で日本代表FWはそれほど存在感を示すことができていない。現地の人々がこう思うのも無理はないか。

そんな中、クラブOBであるフィル・トンプソン氏もリヴァプールにヴェルナーの獲得をオススメしている。完成された3トップへさらに主力級の選手を補強することに対する疑問の声も現地にはあるが、それでも古巣にはこの“快速ストライカー”が必要と英『Sky Sports』に対して同氏は次のように語った。

「私はヴェルナーこそがリヴァプールのフロント3に挑戦できる現実的な候補だと思う。ディボック・オリギが最後の15〜20分でインパクトを残すことは誰もが理解しているが、真の意味で十分とは言えないね。もう少し良い選手が必要だ。ファンの何人かは『ヴェルナーがわざわざリヴァプールに行きたいなんて言うと思うか?』って思っているだろう。でも、私はヴェルナーがそう言うと思うよ」

「マンチェスター・シティを見てみてほしい。彼らはすべてのポジションにトップクラスの選手を2人ずつ揃えている。リヴァプールにはそれが必要なんだ。そうするためにも、ヴェルナーは必要な人材だと思うよ。素晴らしいサインになるだろう」

より盤石なチーム作りのためにも、ヴェルナーは絶対に必要と語ったトンプソン氏。はたして、リヴァプールは次の移籍市場でどう動いてくるのだろうか。今後もその動向からは目が離せない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ