エジル、ハメス、ゲッツェの時代は終わりなのか 「今は技術よりフィジカル」

アーセナルのエジル photo/Getty Images

テクニシャンよりスプリンターの方が需要あり

「今のフットボールはテクニックよりフィジカル。これは明らかだ」

SNSでこう答えたのは、アーセナルやチェルシーで活躍してきたMFセスク・ファブレガスだ。現代サッカーではスピードやパワーが重要視される傾向にあり、アスリートと呼べる選手の需要が増えてきている。

その一方で、セスクのような魅惑的なパスでゲームをコントロールする純粋な司令塔は減ってきている。徐々にテクニシャンはビッグクラブから求められない存在となりつつあり、今はフィジカルが1つのトレンドなのだろう。

英『Squawka』はこの流れに苦しんでいる選手が数名いると特集しているが、アーセナルMFメスト・エジル、ドルトムントMFマリオ・ゲッツェ、レアル・マドリードMFハメス・ロドリゲス、マンチェスター・ユナイテッドMFファン・マタらの名前が例として挙げられている。

ドルトムントのゲッツェ photo/Getty Images

彼らに共通するのは、爆発的なスピードを持っていないということだ。足下の技術は一級品だが、パワーとスピードは平凡。こうしたテクニックを最大の武器とする選手たちは2列目で生き残りにくくなってきており、実際に彼らの人気は落ちてきている。

市場で話題になるのはドルトムントFWジェイドン・サンチョ、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペらスピードを武器とする選手ばかり。バイエルンDFアルフォンソ・デイビス、ウォルバーハンプトンMFアダマ・トラオレなど、もはや陸上選手かと思うほどのスプリンターも出てきている。

身体能力は高くなくとも、テクニックでファンを魅了する。以前はこうした選手も多かったのだが、現代では求められなくなってきているのかもしれない。エジル、ゲッツェのようなタイプがビッグクラブで生き残っていくのは厳しいか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ