エリア外からのシュート、全部止めます クルトワにミドルは通用しない

レアルの正守護神を務めるクルトワ photo/Getty Images

鉄壁ぶりを披露する復活の守護神

加入からしばらくは不調に喘ぎ、ファンからの批判も絶えなかったがレアル・マドリードのベルギー代表GKティボー・クルトワは完全に調子を取り戻した。当初は各方面から「獲得は失敗だった」との声も上がったが、今となってはそんな雑音も聞こえてはこない。

今季はここまでリーグ戦24試合に出場して、クリーシート数は実に半分の12回。堅守を売りとするレアル“最後の砦”として、ゴールマウス前に君臨している。

そんなクルトワの鉄壁ぶりを示すデータが明らかとなった。なんと同選手は今季のリーガ・エスパニョーラにて、未だにただの一度たりもペナルティエリア外からのシュートで失点を喫していないという。クルトワはここまでエリア外から10本の枠内シュートを浴びているが、そのいずれも見事に防いでみせているのだ。データサイト『Opta』によると、同スタッツで無失点を継続しているGKは、リーガでクルトワただ一人だ(出場5試合以上)。

相手のミドルシュートを全て無効化している今季のクルトワ。もちろんセルヒオ・ラモスやラファエル・ヴァランといった選手がコースを限定しているのも大きいが、それでもこの数字は驚きと言えるだろう。レアルのゴールを守る巨人は、今再びワールドクラスとしての評価を取り戻している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ