10本中9本がゴールの“ハダシの王様” アルゼンチンにいた天才フリーキッカー

元アルゼンチン代表のリケルメ photo/Getty Images

元チームメイトが語るその凄さ

アルゼンチン人選手でトップレベルのフリーキッカーといえば、今ならバルセロナFWリオネル・メッシだろう。

しかし、メッシにも負けず劣らずのキック精度を誇る選手もいる。アルゼンチンが生んだ天才ファンタジスタMFファン・ロマン・リケルメである。

欧州ビッグクラブで活躍した期間は長くなかったが、当時のリケルメも世界を代表するキッカーの1人だった。

スペイン『MARCA』によると、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズでリケルメと一緒にプレイしたアドリアン・ギレルモは普段のトレーニングからリケルメのキックが凄かったと振り返る。裸足にもかかわらず、蹴ったボールのほとんどがゴールネットを揺らしていたというのだ。

「ロマンがトレーニングでやっていたことはインクレディブルなものだったよ。あんなことをやる選手は見たことがない。彼は裸足でフリーキックを蹴り、10本中9本をゴールに、残りの1本はポストを直撃したのさ。彼は天才だよ」

裸足でフリーキックを蹴っても精度が高いあたりは南米仕込みか。リケルメはフリーキックの他にもコーナーキックなど、セットプレイから多くのゴールを生み出してきた選手だ。その精度はチームメイトでも惚れ惚れするレベルだったのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ