リヴァプールで“伝説”になる 世界最高DFの野望「ここに全て備わっている」

リヴァプールのファン・ダイク photo/Getty Images

チームのレジェンドへ

リヴァプールで世界最高のセンターバックの1人と呼ばれるまでに至った男が目指すのは、クラブのレジェンド入りだ。

今回スペイン『SPORT』に対し、リヴァプールでレジェンドになりたいと語ったのはDFフィルジル・ファン・ダイクだ。

ファン・ダイクが加入してからチームは2シーズン連続でチャンピオンズリーグ決勝へたどり着き、今季もプレミアリーグでは首位を独走。ワールドクラスのセンターバックが加わったことでチームは驚くほど安定し、失点も減った。ファン・ダイク加入の効果は大きい。

こうなるとサポーターが気になるのは、ファン・ダイクがいつまでリヴァプールでプレイするのかだ。このままリヴァプールでプレイし続けてほしいと考えているサポーターがほとんどだろうが、ファン・ダイク自身にもその考えがあるようだ。ファン・ダイクはリヴァプールの地でレジェンドになりたいとの欲望を抱えているのだ。

「僕はここでインクレディブルなことがしたいんだ。僕たちはファンタスティックなチームだし、何1つ不足していない。勝利するためのツールが全て備わっているんだ。一体となった監督、バラエティ豊かな選手層、勝つためのスタイル、サポーターとね。僕も引退後にアンフィールドへ戻ってくる選手の1人になりたいんだ。クラブのレジェンドたちを見ていると、本当に大きな家族のようだからね」

リヴァプールはファン・ダイク獲得に7500万ポンドもの資金を投じたが、もはやバーゲン価格と言っていいだろう。それだけの働きを見せてくれている。

現在28歳であることを考えると、あと5年はトップレベルを維持できるはず。その間にリヴァプールはいくつタイトルを獲得できるだろうか。ファン・ダイクのこの言葉に勇気付けられたサポーターは多いはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ